網走トレンド

2018年3月14日水曜日

北浜駅ライトアップ

JR海道は昨年から、無人駅のさらなる活性化、にぎわいづくりに向けて、未活用スペースを行政、商工会議所、観光協会などに無料で活用してもらう取組を行っております。
当所では、対象駅となっている「北浜駅」の一層のにぎわい創りになり、地域経済の活性化にも寄与できるのではとの思いから、JR北海道の呼びかけに応じて何かできないかと思案しておりましたが、この度駅舎のライトアップを次のとおり行うこととしました。また、ライトアップを記念して「駅ライブ」も行います。



◎北浜駅の歴史
大正13年(1924)
11月15日 網走本線(現・釧網本線)網走~北浜間開通 北浜駅開業
大正14年(1925)
11月10日 網走本線( 〃 )北浜~斜里(現・知床斜里)間開通
昭和 6年(1931)
9月20日 釧網本線 網走~東釧路間全通
昭和55年(1980)
国鉄再建法成立 釧網本線も赤字ローカル線として廃止議論の俎上に乗せられるが辛くも免れる。
昭和58年(1983年
当時の駅長が砂浜で拾った貝殻に文字と駅長印を入れた“貝殻通行証”を作り入場券を購入されたお客様に配り始めたところ、口コミで旅人やライダーの間に広がり一大ブームとなる。
昭和59年(1984年)
2月29日 北浜駅無人化(但し当面の間、記念切符販売要員を配置)
昭和61年(1986年)
7月15日 北浜駅舎を改装し喫茶「停車場」開店
昭和62年(1987年)
2月10日 国鉄民営化 JR北海道発足

0 件のコメント:

コメントを投稿